わが青春 吉田拓郎

私が音楽を本格的に聴くようになったのは中学2年生の頃からか、それまではラジオやテレビから流れる流行の音楽をなんとなく聴いていたが友人からいわゆるニューミュージックという分野などのレコードを借りたりしたのが始まりだ。
最初にハマったのが長渕剛だった、今のようなコワモテではなく甘い恋愛の歌が多くやさしいメロデイーと歌詞が好きだった。
ある日長渕の師匠は吉田拓郎だと友人から聞いた、それで興味をもったのだが。世代的には自分より若干上の感覚で周りでは拓郎など誰一人聴いている奴はいなかった。
当時はレンタルレコード店と言われた時代で近所にもあったのでそこに一人で出掛け借りたのが吉田拓郎のベストアルバムだった、まずは聴いてみようと思った。
記憶では1曲目に結婚しようが入っていたと思う、とにかく明るい歌の印象だが、2曲目の今日までそして明日から この曲の出だしで多分私は拓郎に魅かれてしまったのだと思う。
歌謡曲にはない歌詞、私は今日まで生きてみましたと始まる歌い出し、今までこんな歌詞を聴いたことがなかった、衝撃的だった。
一瞬後ろ向きで惰性で生きてきたこを歌っているのかとも思ったそうではなく明日からもこうして生きていくとも言っている。それ以降の曲にもメロデイー以上にそのストレートというか歌詞の世界に自分が引き込まれてしまう。
そしておそらくB面の最初だった思うが私のみならず拓郎ファンが最も好きであろう名曲に出会うのである。
それは、そう落陽である。出だしのギターのは入りからもう良い曲だということがわかった、旅先の北海道で出会った老人ことを歌ったうたなのか?なんとも表現のしようがないが感動的な歌である。
今でも自分が一番好きな歌を一曲と言われれば間違いなくこの歌を選ぶだろう、それくらいに好きだ。糖尿病にかかって思うように動けなくなった今もライブには行きたいと思うくらいだ。
血糖値と糖尿病に関する参考サイト
糖尿病予防糖尿病検査糖尿病症状チェック血糖値血糖値が高い
血糖値とは血糖値を下げる血糖値正常値血糖値を下げる
拓郎のライブにも行きたくなったが当時はもうあまりツアーがなかったし学生だったので遠方にも行けないが、私が高3のときに家から程近い場所でオールナイトライブが開催されるとのことで即チケットを取った。
そしてそれが最後のライブにするとも言っていた。1985年のつま恋ワンラストナイトがそれだ。一人でライブに行った。オールナイトで一緒に歌った。感動的だった。もちろん落陽もやってくれた。
ありがとう拓郎! その後拓郎は復活したが体調を崩して大掛かりなライブはこの先はもうないかも知れないがまたいつか高3の頃に戻った気分でライブにも参加できたら本当にうれしいのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です